ワーキングプア理学療法士の投資ブログ

理学療法士の細々とした収入から投資で資産1億円を目指す

PTが作ったデイサービスをみてきました

今日昔の職場の同期が作ったデイサービスをみてきました。

 

10年前に同期として一緒にはたらいたひとです。

入った時から独立の意思があり、人間的にもすごい人だと思っていました。

 

始めは訪問看護でリハをメインでつくってから、5年ほどしてデイも作って今デイは2カ月目くらいになるそうです。

 

2カ月で定員10名ですがもう満床で毎日体験まちだそうです。

ホワイトボードをみても体験で毎日うめつくされてました。

 

 

 

 

利用の決め手は、リハビリと入浴を一緒にやってくれるところがその地域ではないみたいです。

 

一時期リハビリデイが流行って、短時間2回転の入浴なしのデイばかりがふえたのがその影響でしょう。

 

正直入浴もしてくれて、リハビリもしてくれたら、利用する側としてはうれしいです。

リハビリだけのデイは、もともと元気な人が多いので、介護保険を使ってまで手当する必要があるのかと疑問におもっていました。

 

それならば民間のスポーツジムでも十分だとおもいます。

スポーツジムが送迎をいれて補助金をだしてあげれば、もっと国の財政は軽くなると考えられます。

 

普通にデイに筋トレしにきて、家では車を乗りまわしているひとや、仕事をしているひとなんてざらにいます。

介護保険制度の根本から考えなければならない問題だとおもいます。

 

かとおもえば、ぎりぎりあるけるか歩けないかの人でも要支援1くらいですまされているひともいてもっとリハビリしっかりしてあげればよくなると思う人もいます。

要支援では個別機能訓練加算が対象ではないので、忙しい事業所だとPTがみてあげることもできません。

 

次回の介護保険改正でデイの介護度改善が収入に影響することは確実視されています。

ただ書類をそろえるだけの今の加算体制よりよくなってくくれることを期待していますが、これ以上書類業務に人手を割くような加算体制は勘弁してほしいですね。

現場は書類ではなく人で回っていることを役人は知ってほしいものです。

 

 

 

ライフカードポイント改変でカード乗り換え

今までライフカードをメインカードで使っていました。

 

ライフカードの特徴としてポイント還元率が高い、誕生日月のポイントが5倍というメリットがありました。

 

ポイント還元率は年々低下してきました。

今回の改編で、いままで1800ポイントで10000円の商品券がもらえていたのが、2000ポイントで10000円となりました。0・9%の改悪になります。

 

それでけではなく、誕生日月のポイントが5倍だったのが3倍に格下げになりました。

 

今年の誕生日月はかなり買い物をして100万以上は買いました。500万くらいのポイントがついたのが300万くらいにしかならないということになります。

 

本気でカードを使いまくる人にとっては5倍が3倍に減るのは大ダメージです。

 

それならば楽天カードの常時ポイント1%最低につくのがいいかもしれません。

楽天での買い物はもちろん楽天カード使いますが、誕生日付き以外は楽天カードのほうがポイント還元率たかくなりますね。

 

ライフカードの魅力は年会費無料と、ETCカードの年会費無料ぐらいになりました。

 

せいぜい誕生日月の3倍のポイントをちまちま年に1回貯めるだけになるでしょう。

それならばイオンカードでイオンで買い物して、オーナーカードで3%の還元してもいいかもしれません。

 

イオンカードは結構日によってポイントの変動率大きいですし。

これからイオンの買い物が戻ってくるのと、楽天カードで買い物してポイントをEDY変換が多くなりそうです。

谷垣さん引退でニプロはもっとがんばれ

新聞でもと自民党総裁の谷垣さんが次の選挙に出馬しないというニュースがながれていました。

 

新聞では満足にあるけることもできないと書いてありましたので、身の回り動作がかなり制限されていることと予測されます。

 

経験上自転車での脊髄損傷は、普段の転倒より、顔から突っ込むので脊髄への損傷具合が大きいので障害は重くなっていると考えられます。

 

もともと高齢者の脊髄損傷は、中心性脊髄損傷が多いので、下肢の機能は維持されていることが多いのですが、歩行もままならぬということは結構ヘビーだったのでしょう。

 

しかしながら、認知機能はクリアですので人が見まいに来たときは普段と同じようにふるまうことができます。

 

周りからは期待をかけられるが、自身ができないことを考えるとつらいところでしょう。

 

これからニプロの脊髄損傷の先駆け医療の申請が早く進めんでいれば谷垣さんももっと回復していたのかもしれません。医療の世界は死んでももいから少しでもよくなりたいという人がおおいので、できるだけリスクをとって申請を早くできる体制をつくってほしいものですね。

 

一番搾りはプレモルと一緒

最近キリンの一番搾りが味が変わりました。

 

麦の感じをだすことにしたのでしょう。

一番搾りとはそももそ麦芽の一番初めに絞った麦汁だけでつくったことを売りにしていました。

 

そのことをさらに全面的に推し進めることによって、味がプレミアムモルツ化してきました。

飲んだ第一印象は、キレがない印象だけがのこりました。

 

これなら同じ値段を出す価値もなくアサヒのクリアアサヒという第三のビールを買いますね。

エビスはまた違う風味をだしているからたまに飲んでもいいかなと思いますが、一番しぼりがモルツ化してしまっては、サントリーとキリンの違いがわかりませんね。

 

一層アサヒの牙城が天に昇ってい行くだけしょう。

 

 

 

 

先日ガイアの夜明けでアサヒとキリンの勝負みたいな特集をやってました。

結局は負けているキリンをもりあげようという反菅贔屓みたいな特集になっておりアサヒはいい味をだしているのに、さもキリンのほうがおいしいような特集になってました。

 

また、売り上げを挽回するために現場の職員は奴隷のようにパワハラを受けながらの様子を放映されていて、キリンの印象を悪くなるといっただけでした。

 

ビールは個人的な好みはありますが、好きな人は味ききができるので、差別化が出来なければ当然すたれていくでしょう。

毎日飲むものなので、当然飲む人は厳しいです。

 

私は今回のキリンの味変更は失敗だと思います。

どうせならクラフトビール的にもっとちがった路線を追求することを期待しています。

例えば銀河高原ビールみたいな。

 

 

 

キリンはちょうどアサヒとサントリーの間くらいの味わいだったのでたまには飲みたい感じで重宝したいたので、本当に今回のサントリーの真似に陥てしまったのが残念でしかたありません。

 

結局アサヒを買う自分にとってはあまり生活には影響がありませんが、飲み会をするときのお

店選びで、モルトとキリンは除外したくなってきますね。

 

 

バーベキューの肉買うなら業務スーパー

今週は3連休のため、月曜日が休みで株式市場がなくて寂しい週明けでした。

 

しかしながら、為替が円安にふれてきて、久々にちからづよい地合いになってきたのでテンションがあがってきます。

 

北の核実験の時が最後の買い場だったのでしょう。

あの時全力投入しておいてよかったです。

 

今の現金は3000円しかありませんが、カードで乗り切ります。

 

私の持っている株は、あいかわらずこの地合いがいいのに上がりませんが。

そろそろ出遅れ株に注目があつまってくれると期待しています。

 

今日は職場でバーベキューなのですが、最近は肉の仕入れはネットより業務スーパーのほうが安くて、いい肉が仕入れれることがわかり業務スーパーを使用しまくっています。

 

黒毛和牛の焼き肉用のカット肉が100g500円でかえるだけでなく、そこからおつとめ品として割引しているのがおおく20%オフで買えるのが多いです。

 

そのため400円ぐらいでかえます。他にも種類が多いので600円の肉が480円で買えたりとかなりお得です。

 

魚の鮮度はいまいちですが、肉はあまり鮮度関係ないので業務スーパーはこれから多用していきますね。

ゴルフ株の平和を買ってみた

先週の金曜日に平和というパチンコメーカーでゴルフ場の運営もやっている株をかいました。

 

100株で3500円×2枚のゴルフ場の割引券がもらえます。

 

このゴルフ場での最安値は5000円くらいなので1500円でゴルフができることになります。

しかも配当もまずまずで3%くらいつくので、中間4000円くらいでる予測です。

 

今の値段が2140円くらいなので、優待込だと半期で5%の利益が今の水準のまま推移すれば得れることになります。

 

 

ここ数日は北朝鮮リスクでさげていたので、絶好の買い場でしょう。

 

ここから配当どりの買がはいってあげていくことをきたいしています。

 

今日の気配値はすでに2%ぐらいあげているので、このまま9末まで進んでくれることをきたいしています。

 

長期的にはパチンコ業界で足をひっぱりそうなので、配当と優待もらったら速攻で売ろうとはおもっています。

 

おそらく皆さん同じ考えだと思うので、配当もらう前にそのまま売るのもいいかもしれません。

 

日本株は今年一番の耐え時

この2カ月くらい、北朝鮮問題やトランプの無能ぶりで株が全くさえません。

 

一時500万くらいあった今年の含み益がいまでは100万を切ってきました。

今日のダウもさげまくってきたので、ついに含み益消失でマイナス生活に入るかもしれません。

 

 

相変わらず売り時をみることができずにずっとホールドするしか能がないのが悲しいです。

おそらく今が今年一番の踏ん張りどころだとは思います。

 

ここで手放すとそのあとの上昇がゲットできないとは思っています。

 

そろそろニプロの脊髄損傷の先進医療の承認がとれる時期なのでそれである程度は上昇してくれるでしょう。

 

ただそれを見越しては信用買残がおおく倍率が7倍近くになっています。

信用買いなので、いつかは処分しないといけなく売りにだされます。

 

 

そのため、必ず安くなる時がくるはずです。

それをこなして上がっていく力強さが今はありません。

 

もう一段安を耐えて、買い増しをしたいところですが、買い玉が弱くなっているのでそんなにかうこともできません。

 

とりあえず今は耐え忍ぶ時期でしょう。