ワーキングプア理学療法士の投資ブログ

理学療法士の細々とした収入で、副業で年収1000万、投資で資産1億を目指す

日本株9月は大荒れ相場で大損しそう

日経平均が徐々にあがってきています。

もうすぐ17000円台を回復しそうなながれにはなってきています。

 

最近のFRB幹部の利上げ発言によって円安に向いているのが要因でしょう、

今日のアメリカ雇用統計で一気に流れがきまるので今日が一番大事だとおもいます。

 

そのながれで9・21FOMC、日銀会合を迎えて利上げと総括的な検証がどう動くかでさらにブレ幅がおおきくなるでしょう。

 

あとはこの荒波に耐えれる精神力をもっているかの問題です。

よければ上がる、悪ければ下がるといったことですが、正直精神的につらいです。

 

この2週間でニプロの持ち株を売らずにホールドしていたことで、最高値からすでに110円近くさがってきて、100万くらいの売り損になっています。

 

 

もう売り時とおもっていても、もうちょっとあがるのではないかとおもって売り時をミスりました。

リートのほうも最近の利上げの流れで金利上昇につながり、主力のトーセイリートがこの2週間ダダ下がりです。

 

トーセイリートも売り注文をだしてはいましたが、希望価格までに達せずうれませんでした。

売り時というのは間違いではなかったです。

 

いままでも欲とめんどくささに駆られて結局売らずにホールドといったことばかりでした。

しかし私が少しでも売っておくべきとおもった株は間違いなくその後さがっています。

 

判断はまちがっていないのですが行動力がたりないのです。

自分の行動力のなさがふがいないです。

 

来週はこの流れでは雇用統計も市場予想と一致し利上げの流れは継続するとおもいます。

来週は1ドル107円を試す展開になるのではと思っています。

 

 

そして日経平均は来週は17500円に到達するでしょう。

輸出、銀行が上昇し、リートやディフェンシブの医療系が下がる展開だとおもいます。

 

そのため来週あたりで銀行をすべて手放してしまおうかとも考えています。

しかしながら、もうすぐ配当なので売るにうれないというジレンマがあります。

 

配当前に9・21ショックがおこならければいいのですが。

今回の配当は結構もらえそうで1600万分の資産に配当がつきそうです。

全体で1.5%くらいだとおもうので20万近くは配当がつくとはおもっています。

 

3末では16万程度でしたが、その時よりもさらに銀行株を買い増ししています。

3末からかった銀行株はすべて上昇して15%近い利益が