読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーキングプア理学療法士の投資ブログ

理学療法士の細々とした収入から投資で資産1億円を目指す

株式初心者のための4つの投資メリット

いまの銀行預金の金利は0.02%とかほぼ利息がつかないような状態がつづいています。

むしろ手数料でマイナスになるといったことまでです。


そんななかで貯金を持っている人は銀行にあずけているのはただの無駄遣いといってもしかたありません。

 

なにが無駄遣いだというと

金利差の無駄と、あずける期間の無駄です。

 

 


 

金利の違いで生涯収入は大幅にかわっていきます。

株式の配当だけで5%近い銘柄も結構ありますので、100万預けるだけで年4~5万程度差がでてきます。

 

また運用には年数がいります。今投資していないとうこの時間だけでもすでに無駄にしています。

1年無駄にするだけでたった100万の貯金で5万の損がでます。

10年投資をしていないと50万の損がでます。

 

正直株価はさがることはありますが、大型株をずっともっていたら絶対につぶれることはないし、いつかは必ずあがります。

日本人はそんなに馬鹿ではありません。

 

日本の立地は非常にめぐまれています。太平洋のほぼ全域を制覇できるくらいの港をもっていて、人口の密集度、国民の教育度も高いです。

高齢化は社会保障を下げればなんとかなるはずです。

 

そのため日本はかならずこれからも成長していくでしょう。

万が一国力がさがったとしても、円安になるだけで、再度輸出が復活していきGDPを押し上げると考えられます。


本題に戻りますが、株のメリットとして4つ大きな点があります。

 

 

 

キャピタルゲイン

株の評価があがって利益がでることをいいます。

100円で買った株が110円になったとき10%の利益がでます。

 

インカムゲイン

株の配当金が出るときの利益です。

おもに年2回くらいでます。

年率4~5%の配当金が出る株もあります。

今は私は銀行株が4、5%近くの利回りがでるので買い集めています。

このままマイナス金利の深堀がなければ、キャピタルゲインインカムゲインの両方がもらえそうです。

たぶん9月の日銀会合ではマイナス金利の深堀はないと考えています・

 

 

株主優待

企業が自社の製品をアピールしたりすときに、配当月に一緒につけてくれます。

主なものに吉野家の牛丼のサービス券や、イオンのキャッシュバックのオーナーズカード、

ゴルフ場経営をしているゴルフの割引券などがあります。

 

④貸し株金利

証券会社が、個人の持っている株を借りるときに貸した側が金利を受け取れるといったものです。

証券会社は借りた株を、信用取引のために貸したりします。

そこから得た利益を貸した側に還元することで、ただ株をもっているだけなのにお金をもらえたりします。

金利は安いものから高いものまでまちまちです。

0.1%~20%くらいまでまります。

市場の流通性によってかわってきます。

私の持っているのは大型株が多いので大体0.1%の金利しかつかないですが、2000万くらい貸し株していると月に1500円くらいはタダでお金が入ってきます。

ワイン1本くらいにはなりますね。

 

こんな感じで株をやるとメリットしかありません。

手数料の安いネット証券を開設することをおすすめします。

 

そのためにはまずメガバンク(サービスが受けやすいので)のネットバンクを開設

その後ネット証券を開設し、ネット証券にお金を入金。

そこから株を買うという流れになります。

 

一度やってみて、1回損失をだして、もう一回もどってこれたら本物です。

損失は出るときはでます。

これを勉強料と考えれるかで人生が変わるでしょう。