ワーキングプア理学療法士の投資ブログ

理学療法士の細々とした収入から投資で資産1億円を目指す

おいしいすき焼きをするなら格安近江牛がおすすめ

いつもパーティー用ですき焼き肉を頼む店があります。

 

それは近江牛専門店の千成亭です。

 

近江牛とは日本三大和牛のうちの、、松坂牛・神戸牛・近江牛の一角を担う牛肉なのです。

 

それがネット通販でかうとやすくかえるのでいつもすき焼きをするときは買っています。

 

焼肉や、ステーキにするとブロック的な肉になるので値段もかなりあがってくるのですが、すき焼きなら切り落としでも全然おいしく食べれます。

 

また切り落としがちょうどいい一口サイズなので、わざわざカットしなくていいのも助かります。

 

よくあるのが、切り落としと細切れがわかりずらく販売されている店があります。

 

切り落としと思ってかったら、細切れみたいな肉が届くということもありますが、この店はしっかり切り落とした肉です。

 

細切れは細切れで販売しているから安心して注文できます。

 

 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

近江牛特上すき焼き[500g]入り 2〜3人前
価格:5400円(税込、送料別) (2016/8/10時点)

しかも、発送された肉はプラスチックのパックではなくて、竹の葉に包まれたような配送になります。

 

より高級感がでますね。

 

和牛と外国産の肉の違いは、食べている飼料の差によるものらしいです。

 

そのため外国産の肉は臭みがでるのですが、和牛は甘みがでるような感じになります。

外国産の肉でも日本で、ちょっとすごすと和牛として売れることがあるそうなので注意が必要です。

 

最近は和牛を育てる人がへってきて、和牛の価格があがってきています。

 

そのなかで近江牛100g670円くらいで買えるのは非常に画期的です。