ワーキングプア理学療法士の投資ブログ

理学療法士の細々とした収入で、副業で年収1000万、投資で資産1億を目指す

銀行株は今が買い

28、29日の日銀の会合で金融緩和が行われるか注目されています。

 

ここで金融緩和がされなければさらなる円高に進むでしょう。

 

実施されたとしても、材料でつくしで2日ほどしたら円高に向かうでしょう。

 

一番大事なのは内容です。

 

マイナス金利拡大は下策で、さらえに日本経済を冷え込ますリスクをもっています。

 

企業の年金債務もマイナス金利で運用がうまくいかずにふくれあがっていて、業績に影響がでてきそうなほどです。

 


 

この状況でマイナス金利を拡大することは考えれないと予想はしています。

 

そのため、今銀行株を買っておけ絶対あがるとおもいます。

 

今日の決算でもメガバンク30%近くの減益でも、5000億円以上の規模の利益をだせそうなほどです。

 

この利益で配当も維持できていて、今の株価は安すぎます。

 

あしたは銀行株の暴騰が期待されますかね。

 

マイナス金利拡大しても貸し出し先に困っているのが銀行なので効果は限定的でしょう。

 

まあ借金まみれのニプロはよろこばしいことですが。

 

といったことで、今回の金融緩和はヘリコプターマネーを見据えて国債の購入を80→100兆円に増額といったところにするのではないでしょうか。

 

もう国債の買い入れの限界が見えているなかでの増額なので、ヘリコプターするしかないという市場の思惑が感じられ一気に円安方向に振れるでしょう。

 

ヘリコプターやらなくても、いつかは国債は買い入れできなくなるのはわかっているのですので、せっかくだからいけるときに見せ金をだすというのもいい手段だと思います。

 

明後日の12時くらいが楽しみと、怖さで眠れない夜が2日ほど続きそうです。