ワーキングプア理学療法士の投資ブログ

理学療法士の細々とした収入で、副業で年収1000万、投資で資産1億を目指す

PTバイザーとしての苦悩

昨年より理学療法士の実習生を受け入れてます。

 

普通の学生なら問題なく、2カ月を過ごしていきます。

 

私の指導方針はどんな学生でも中止にせずに、なんとか2カ月を乗り越えさせるということなので、当然学校側からもどうしょうもない学生がくることもあります。

 

最初のほうは学校側も気をつかってくれてまともな学生を送ってくれてましたが、この実習先はやばい学生を送っても大丈夫だと思われて、指導にこまる学生がよく来るようになりました。

 

最近の学生はというくくりではなく、ただ単純に能力値が低いのだろうと思います。

年齢もゆとりだからというわけではなく、35歳付近でも同じようにダメな人がいます。

 


 

4週間くらいで中間レポート(初期評価レポート)の提出を指導するのですが、2人に1人は完成させてこれず、半分白紙のまま提出してきます。

 

がんばったけどできませんでした、と当然のように言ってくるので最近はまたかと思うようになってきました。

 

そういう学生は、実際の実習の要領もわるく、言ったことがなかなか伝わりにくいですし、指示待ちの人が多いです。

 

理学療法士学校の入学要件が簡単になってきて名前を書いたら合格するようになってきたのが一番の要因なのかもしれません。

 

基礎的な頭の処理能力が低い人は、やはり実習や仕事をするうえでも処理能力が遅く、課題をこなせなくなってくるのでしょう。

 

最近の実習受け入れ先に学校から依頼されることは体験することがメインで、課題をこなすことではないという方針です。

 

その流れは理解できますが、普通の学生にとってはそれがいいのでしょう。

 

ダメな学生に対しても同じような指導方法でいいのか常々疑問に思います。

 

教員側としても、無能な理学療法士が増え自身の職業の価値をおとすようなことがあっては将来的には困るはずです。

しかしながら、学校のノルマとしては4年の後期まで学費を払いつづけてもらわなくては困るのでしょう。

 


 

最近はだめだとおもったら、学校に一時帰校させることにしています。

学生の責任は最終的に学校が面倒をみるのが一番でしょう。

 

看護学校の実習では、教員がべったりついて記録のチェックをしていたので、恐ろしいものでした。

PTの実習は教員は放置なので、どんどん適当になっていっている感があります。

 

遠方でもこれからは学校に帰らすことが、学生にとっても指導の機会を得れていいのではないかと思いますね。

 

 


 

ジャガーかBMW5で悩む

今乗っている車がもうすぐ9年目になります。

 

アテンザ25Sに乗っていましたが、まだまだ乗れます。

 

MTの車ですので、今更ATに乗り換えるのも抵抗があります。

 

長年乗っていると、ヘッドライトの黄ばみがでてきて悲しくなってきます。

 

また小さな小傷がきになってきます。

 

それ以外はまったく問題ないです。

 

 

MTなのでリッター10くらいは走ってくれます。

 

しかし最近はリッター20前後の車が当然になっているようです。

 

しかもディーゼルなどもでています。

 

ダウンサイジングターボで、毎年の自動車税もいまより安くなるそうです。

 

そろそろ買いなおさないといけないのでしょう。

 

次の消費税増税までには買わないといけないとおもって下調べしてきました。

 

ジャガーXF、BMW5がいまのさい有力候補になってきますね。

 

ジャガーより、BMのほうがフルモデルチェンジの時期が新しいのでエンジンも新しいです。

 

ディーゼルで21kmくらい走るみたいです。

 

内装もBMのほうが先進性があります。

 

 

同じ値段をだすなら機能的にはBMなのでしょう。

 

しかしながら、街中ではBMだらけなのであえてジャガーにしたい気持ちもあります。

 

外見はジャガーのほうが高級感があります。

 

唯一きになるのが、フロントグリルにあるセンサーのの基盤がジャガーのロゴとあってなくてはみ出すようなデザインのまま装着されている不格好な点です。

 

これさえなければいいのすが。

 

レクサスはもう少しまてばTNGAのプラットフォームでフルモデルチェンジでいろいろでてきそうなので待ちたい気持ちもあります。

 

この2年くらいが楽しみですね。

 

肉の自宅熟成は玉ねぎづけが一番

近々職場でバーベキューをします。

 

予算の限られた中でいい肉をどうやって提供したらいいのかいつもなやみます。

 

ブランドの和牛をかえば当然うまいですが高いです。

 

またバーベキューの高火力でやると油がですぎて結局焦げてしまうということがあります。

 

できるだけ赤身でおいしい肉を探求しているのがまだまだ模索中です。

 

最近は熟成肉が流行って言いますが、一頭買いして部位ごとに熟成させないとうまくはならないでしょう。

 

また冷凍しないからこそいい味がでるのでしょう。

 

通販で頼むブロックにはすでに冷凍されています。

 

 

この肉をどうやったらうまくできるか試行錯誤してみました。

 

①牛乳につけて臭みをとる

→逆に乳臭くなって、とても食えるものではなくなりました。

 洗い流しても一緒でした。

 これは絶対しないほうがいいです。

 

塩麹ずけ

→塩の味がきいて、漬物と思って食べたらたべれましたが、ビーフジャーキーのようなあじになりました。

 どうせならやらないほうがおいしくたべれたとおもいます。

 

③玉ねぎのすりおろし付け

 これが一番おしかったです。ステーキソースや焼肉のたれにもあい、肉もしっかりとやわらかくなっていました。

 間違いなくこれが一番おすすめです。

 

④焼肉のたれ付け

 くさみはなくなりましたが、たれの味が強すぎて肉本来のうまみをかんじれなくなります。

 

 

 

という感じで安い肉をうまく調理する結果の感想を述べてみました。

 

やるだけやって失敗してみたので、失敗話を参考にする人にはいい話かもしれません。

 

 

 

時計への欲望は果てしない

最近腕時計をかいました。

 

某老舗メイカーのものをいろいろ見た結果購入することにしました。

 

機械式時計ですので、毎日つけないと止まってします。

 

しかしながら、仕事が手洗いなど頻繁にしないといけない水仕事なので、革バンドはあまり仕事向きではないので仕事につけていけません。

 

そのためワインディングマシーンを買って、とりええず回転させてゼンマイは回しています。

 

 

いい時計を買っても普段使いではもったいなくてつけれないというジレンマに陥ります。

 

そうなると、傷がついてもいい普段使いのものを買いたくなってきます。

 

いろいろしらべると、最近はケースがセラミックの時計もあるそうです。

 

傷がつきにくいですが、ついたあとの研磨ができないというデメリットもあるみたいです。

 

個人的にはラドーのダイアマスターのグランセコンドの限定品が品格もあってなかないいとおもいます。

 

値段もお手頃な30万程度なので、使い捨て感覚でも買えそうな値段です。

 

しかしながら、ケースの輝きは同レベルの値段ではステンレスケースのほうがよっぽど輝度が高いそうです。

 

 

最近のステンレスの強度は素晴らしいので、グランドセイコーもバンドをラバーバンドに換えて使いたいとも思っています。

 

やっぱり時計を毎日つけたいとおもうきもちが強くなってきます。

 

よく時計マニアが何本ももっているのをみて、今まで時計をつけなかった人としては、なんで何本ももつのだろうと疑問におもっていました。

 

また機械式ならオーバーホール料金も最低5年に5万近くかかってきます。

 

でも、はまってしまうと欲しいものですね。

 

もう少しいろいろ悩んで2本目を買ってみようと思います。

 

調べるのも楽しいです。

 

さらに今はワインディングマシーンで回っている時計を見るのも楽しいものです。

 

 

野党のあげあしとりはもうやめてほしい

今日の国会中継をみていても、森友問題ばかりがとりあげられていました。

 

国家のことを考えてほしいのが国会議員ですが、あげあしとりで、おんなじことばっかりで嫌気がさしてきました。

 

学校の認可は大阪府がやることなので、大阪府の議会がやればいいことを国会でやる必要があるのでしょうか。

 

国会議員は本当に給料泥棒のぼんくらばかりです。

 

最近はメディアがつるし上げ的にとりあげるので、すでにテレビをみていたらもうちがう問題をとりあげてほしいものです。

 

森友の問題より、日本の少子化などをもっとどうせなら議論してください。

 

 

 

森友学園頑張れ

今話題の大阪にある森友学園

 

教育方針に教育勅語を暗記させたり、運動会の選手宣誓に尖閣竹島のことを言うということは素晴らしいことです

 

日本の教育は、戦後の長い暗黒教育のおかげて、国家感が完全になくなってしまっています。

 

今のままではいずれ中国に占領されてしまうでしょう。

 

若い世代が自国の領土に対して興味をもつようになることはいいことだとおもいます。

 

森友学園 頑張れ、頑張れ。

心筋梗塞なら救急車より専門病院の救急外来へ

先日親が心筋梗塞になりました。

 

たまたま実家に帰っていたときだったので症状をみて心筋梗塞だとおもいました。

 

朝起きた時から体がだるいといっていましたが、その時は日曜日だったのでとりあえず市民病院の休日診療にいくようにいって自分は仕事に行きました。

 

仕事から帰っても、まだ病院にいっていなかって、症状は悪化していました。

 

死んでなかったのが不思議なほどです。

 

 

背中から左肩が痛いというのと、寝ていてもしんどいという起坐呼吸の状態だったので心筋梗塞をうたがい、近くにある循環器専門の病院の救急外来に電話してみました。

 

日曜の19時ごろでしたが、こころよく受け入れてくれました。

 

診断は心筋梗塞で、到着後すぐにカテーテルで開通手術をしてくれました。

発症後すでに12時間以上がたっていたので、症状の改善には時間を要しましたが、18日で退院し、次の日から仕事復帰できました。

 

日曜の夕方に救急車を呼んで市民病院につれていかれても、心臓専門の医者がいるとは限らないので本格的な治療は次の日になってしまうとおもいます。

そうなると、翌日には心筋細胞へのダメージはさらにおおきくなっていると考えられるので、退院できるかもあやしかったかもしれません。

 

実際緊急カテをやってもらったあとのICUでのモニターをみてるとVT連発でした。

治療してなかったら、次の日までもたなかったでしょう。

 

脳梗塞でも同じだとおもいますが、脳梗塞のほうが麻痺の症状がでやすいので、専門病院に連れて行ってもらいやすいかとおもいます。

 

心筋梗塞の場合は強い胸痛がない場合は、見過ごされがちになってしまうので、むずかしいですが、左上半身の違和感があればとりあえず心臓専門の病院の救急外来に電話してみるのがいいでしょう。